BETH ORTON

1990年代中頃、ケミカル・ブラザーズ、ウィリアム・オービット等とのコラボレーションなどで一躍その杞憂な歌声に注目が集まる。
その後もマイペースに作品をリリースし、昨年には実に6年ぶりとなるアルバム「Sugaring Season」をリリース(日本盤も秋にリリース予定)。昔と変わらぬベス特有の歌声を聞かせている。