COOL WISE MAN

2013年皆様のおかげで結成20年! これまでに6枚のオリジナルアルバムをリリース。
ジャマイカンレジェンドであるリコ・ロドリゲス、シマリップ(ロイ・エリス)のツアーバンドを務めオーストラリア最大のロックフェスティバルBIG DAY OUTでは伝説のトランペッター エディ”タンタン”ソートンと共演。サウンドシステムディージェイのパイオニアであるキングスティット、デリンジャーとの作品も発表する。
2007年リコ・ロドリゲスとのドキュメント・ライブDVD作品RICO RODRIGUEZ meets COOL WISE MENを発表。
2008年夏オーストラリアでレコーディングしたアルバムEAST MEETS WESTを発表。タンタンを招聘してのジャパンツアーを開催し東名阪公演ライジングサンロックフェスティバルに出演。
2009年アルバムRUNDOWNを発表、バンド名表記をCOOL WISE MENからCOOL WISE MANに変更。ジャズシンガー、エミ・マイヤーとの共演作「Jamaica Song」をiTune限定でリリース。レゲエチャートの最高位1位を記録。
2010年 エディ”タンタン”ソートンを招聘しての2度目となるジャパンツアーを開催。東阪、岡山公演、朝霧JAMに出演。
2012年夏ハンバート ハンバートとのコラボレーション作品 ハンバート・ワイズマン!をリリース。フジロックフェスティバル、ライジングサンロックフェスティバルにハンバートハンバート×COOL WISE MANとして出演。恵比寿リキッドルーム、梅田クラブクアトロでのワンマン公演はソールドアウト。
2013年バンド結成20周年を記念した2枚組ベストアルバム20TH ANNIVERSARY BEST SELLECTION(1998-2012)をリリース。全国13公演のツアーを成功させる。
SKAをベースとしながらジャンルを縦横無尽に音を鳴らし続けて20年。不器用ながらも前を向いてCOOL WISE MANの音をこれからも探し続ける。