HUDSON MOHAWKE

ハドソン・モホーク (英)

PROFILE

フライング・ロータスと双璧をなす、<ワープ>のネクスト・ステージを代表する若干23歳の要注意アーティスト。フライング・ロータスを中心としたL.Aの「Low End Theory」周辺の 新世代ビート・シーンと共鳴しながら、活況を呈するグラスゴーのビート・シーンだが、その最右翼となるのがこのハドソン・モホークだ。
12歳でプレイステーションでビートを作り始め、14歳でDMCのファイナリストとなる。この早熟な23歳が今年2月にリリースしたEP『POLYFOLK DANCE』は瞬く間に評判となり、ビート・ジャンキーだけでなく、エド・バンガーのオーナーであるビジーPことペドロ・ウィンターやクルッカーズ、ザ・マーズ・ヴォルタ等、他ジャンルのプロデューザーやアーティスト達からも熱い視線を浴びている。
そして来日を目前に控える10月には、世界が渇望するデビュー・アルバム『BUTTER』をリリース。4月のクラーク来日公演にサポート・アクトとして出演した際に披露した、DJ /ターンテーブリストとして、エレクトロニック、ヒップホップ、レイヴ・ミュージック、テクノ、ハウスなど、様々なスタイルを一つのストーリーにまとめ上げていく、激しく、ソウルフルなDJプレイは必見!ドープに攻めるフライング・ロータスとは対とも言える、キラキラしたビートの洪水に興味は高まるばかりだ。

LINKS

http://hudsonmohawke.com/
https://www.facebook.com/hudsonmohawke